夜中に起きるのは母乳が足りない理由だけではない!

 

赤ちゃんがうまれると、お母さんは様々な悩みを持ちますが、その中でも母乳に関する悩みは特に多く聞かれる問題です。

赤ちゃんはうまれたばかりの頃は大変だけれども、3ヶ月を乗り越えれば楽になるという話を聞くことも多く、3ヶ月を目指して頑張るお母さんも多いですが、実際のところ、赤ちゃんがいくつになっても悩みは尽きず、いつまでも大変だと感じるお母さんは大勢いるのです。

月齢の近い赤ちゃんを持つお母さんと話をした時に、まわりのお母さんたちから、夜中の授乳時間がだいぶあいてきた、朝まで一度も起きずに寝るようになったという話を聞き、自分の赤ちゃんが夜中に何度も目を覚ますのは一体どうしてなんだろうと、疑問を持ったり不安を感じているお母さんもいるでしょう。

自分の赤ちゃんが夜中に頻繁に起きてしまう時に、お母さんが一番最初に考えることは、夜中の母乳が足りないのではないかということではないでしょうか。そんな時は母乳の分泌を増やすことのできるあずき茶「母なるおめぐみ」を飲んでみましょう。

確かに母乳ではなく粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、粉ミルクは腹持ちが良いこともあり、朝までぐっすり寝るという赤ちゃんも多いでしょう。

粉ミルクは夜中でもお母さん以外の人が与えることもできるので、自分の赤ちゃんにも粉ミルクを与えようと思っても、哺乳瓶を嫌がったり、粉ミルクの味を嫌がってしまう赤ちゃんも大勢います。

このような赤ちゃんに無理に粉ミルクを与えることはできないので、そのためにはまず、母乳を与える時間の間隔を工夫するようにしましょう。

赤ちゃんは月齢が進むごとに授乳間隔があいてきます。授乳間隔があいてもよい月齢になっても、ちょこちょことおっぱいを欲しがり、少し飲んで満足しているような場合には、一度の授乳で十分な量を飲んでいない可能性が高いといえます。

一度にしっかりと飲んでいないことですぐにお腹がすいて泣き、お母さんも泣いてほしがるからと、すぐにおっぱいをあげてしまうことも多いでしょう。一度の授乳でしっかりと飲んでいないので、またすぐにお腹がすいておっぱいを欲しがるという悪循環に陥っているのです。

この場合は、泣いたからと言ってすぐに授乳するのではなく、おもちゃや絵本などで一緒に遊んでみたり、あやしたり、外出して外の空気を吸わせて気分転換をさせたりと、赤ちゃんの気をそらせてみるようにしましょう。

おなかがすいて泣いているのではなく、泣くことが習慣になっているといういことも考えられるのです。

私たちのような大人であっても、なんらかの理由によって夜中に目を覚ますことはあります。その理由は様々で、トイレにいきたくなった、のどが渇いた、暑くて寝苦しい、寒いなど多くのことが考えられます。

これは赤ちゃんにも言えることで、毎日同じ生活リズムを送り、毎日同じ時間に寝かしつけを行っていたとしても、すぐに寝付く時もあれば、なかなか寝付けない時もあるのです。

オムツが汚れていることは赤ちゃんにとって不快なことであり、暑すぎても寒すぎても、なかなか眠ることはできないでしょう。

また寝ている時に、隣の部屋からテレビの音がきこえてきたり、明かりが漏れている場合なども、赤ちゃんにとっては快適な眠りを妨げてしまうことになるのです。赤ちゃんが心地よく眠れる環境がきちんと整っているかどうかも、しっかりと確認するようにしましょう。

いつも以上に夜中に頻繁に起きると思ったら、風邪のひき始めであったり翌日熱を出すなど、体調がすぐれないことのサインとなっている場合もあるのです。

そして、今まではよく寝ていたのに、最近になって急に夜中に頻繁に起きるようになったという場合には、夜泣きが始まっている場合もあります。

夜泣きは個人差が大きく、その時期も生後5ヶ月ごろに始まってすぐにおさまる子もいれば、2歳ぐらいまで断続的に続くという子も見られるのです。

お母さんにとって夜泣きは、まるで終わりがないように感じるほどつらいものですが、これは成長の過程でもあり、いつか必ず終わりがくるものです。一般的には卒乳をすると、夜泣きもおさまるということが多いため、夜泣きが続くことが卒乳のタイミングであると考えておくのもよいでしょう。

近年では母乳育児をサポートしてくれる飲料「母なるおめぐみ」を飲み、赤ちゃんが欲しがるまで母乳を与え、赤ちゃんが自分から母乳を飲まなくなり、自然と離れていくのを待つという卒乳の考えも多くなってきています。

しかし卒乳するまでは、朝までしっかりと眠れないかと思うと、早く卒乳してほしいと思うお母さんも多いでしょう。

このような場合には、夜間だけ卒乳するという方法もあります。夜間だけ卒乳する際のポイントとしては、赤ちゃんにしっかりと伝えることが大切になります。今までは泣いたら母乳をもらうことができていたのに、急にもらえなくなったら、赤ちゃんも理由がわからずに泣き続けることでしょう。

夜寝る前に、次に飲むのは朝だということを伝えたり、夜はおっぱいは終わりにするということを伝えると良いでしょう。

そしてお母さんの意志も大切です。夜間の断乳を決めた場合には、夜泣いたとしても簡単に授乳はしてはいけません。夜泣いて起きても、抱っこをしたり、お茶を飲ませるなどして、授乳の習慣を変えていくと、スムーズにやめられる場合も多くみられます。

 

母乳がよく出るようになる小豆茶やサプリのすすめ

 

新生児が生まれたお母さんにとって赤ちゃんへの一番のお仕事は母乳を与えることですよね。

しかしその授乳作業において、満足いく授乳が出来ていなかったり赤ちゃんが泣いてしまうなんてことは多々ありますが、お母さんにとっては焦りや不安の要素となってしまう一つだと思います。

こういった場合は赤ちゃんへの授乳時の母乳不足が考えられます。今回は母乳不足となる要因や、母乳を増やす解決策をご紹介します。

まず母乳不足かどうかを判断するためには赤ちゃんの体重を確認しましょう。

赤ちゃんの体重が授乳前と授乳後で変化をしていないと授乳が十分に行われていない場合があります。長期的な目で見る必要がありますが、体重をきちんと管理しておきましょう。

他にも、おしっこやうんちをする回数が少なかったり、授乳の感覚が短かったり、時間を十分設けてもなかなかおっぱいを離さず吸い続けようとしているのは母乳が足りていないサインとなっていることもあります。

赤ちゃんの体重は1日に20から30g、一か月になると1日に30g、2か月くらいになると1か月で1kg前後増え始めるので、この基準から外れていたら母乳不足を疑いましょう。

授乳中は産後のホルモンバランスが乱れることもあり、母乳が出ないということで自信を無くしたりストレスを感じてしまうお母さん方も多いと思います。

しかし、お母さんと赤ちゃんのお互いが授乳に対して慣れがないだけであるので、焦ることなく対処しましょう。

母乳不足になる原因は、先天的なものでなく後天的なものが影響しています。お母さんによっては出にくい体質ということもありますが、これは改善可能なので焦らないで大丈夫です。

また、もともと母乳が出やすかった人でもストレスや食べ物が影響して、母乳量が減ってしまうことや糖分や脂肪分が多いお菓子を食べることで血がドロドロになり詰まってしまうこともあります。

母乳が減る要因としては授乳回数の減少、ミルクとのバランスの悪さ、母体の水分不足、食生活の乱れ、寝不足などの不規則な生活、ストレスや冷え等があります。

これらを踏まえて改善策をまとめます。

1つは授乳回数を増やすこと、赤ちゃんが乳首を吸って刺激を与えることで母体の母乳量は変化します。赤ちゃんが乳首を吸えば吸うほど、母乳が作られるため、母乳が少ないと思ったら授乳回数を増やして刺激を与える回数をふやします。

2つ目は食生活を見直すことです。授乳時は特に野菜中心の和食にするなどバランスのとれた食事をすることで赤ちゃんに栄養を与えましょう。

揚げ物や乳製品の高カロリーな食材は乳腺を詰まらせてしまうため注意が必要です。栄養価が高く体を温める作用のあるお味噌汁などは非常におすすめですよ。

3つ目は水分をたくさん摂取することです。水分不足で母乳が出にくくなることも多々あります。母体の血液はそのまま授乳量に影響してきますので、意識をして水分を多めにとることを心がけましょう。

しかし、冷たい飲み物は母体を冷やしてしまうためあまりいい影響がありません。温かい飲み物を摂取することを心がけましょう。milnic(ミルニック)というサプリがおすすめです。

母乳の質・栄養サポートに最も良いと言われる西洋たんぽぽをメインにラズベリーリーフ、フェンネルと3大成分贅沢に配合した母乳サプリで、ホットミルクやスープなどに混ぜても美味しくいただけます。

4つ目は生活習慣を整えることです。睡眠不足やストレスは赤ちゃんが夜泣きをする時期は絶えないものだと思います。しかしそれでイライラしている生活では赤ちゃんにも母体にもよくないので、お父さんや両親の力も借りてリラックスできる時間や睡眠時間を確保することを大切にしましょう。

授乳以外のお世話はお父さんにお願いして、睡眠時間を確保するのも有効です。

5つ目は体を温めることが必要です。血行が悪いと母乳の分泌も滞ってしまいます。体を冷やさないように薄着をしない、冷たいものを飲まない食べないなど徹底することが大切です。

たまには一人でゆっくりお風呂に浸かるのもおすすめです。お父さんに頼んでお風呂にゆっくり浸かる時間も作ってもらいましょう。また時間がないときは足湯なんかもおすすめです。入浴剤やアロマを用いてリラックスできる空間を作りましょう。

6つ目は小豆茶を飲むことです。小豆茶には母乳がよく出るように作用してくれる効果があります。

体を温める、母乳の出が良くなる、乳腺が詰まりやすくなくなる、体温を上げる、むくみを解消する、便秘を予防するなど母体にとっても赤ちゃんへの授乳によっても良い効果がたくさん得られます。

母乳育児をサポートしてくれる飲料「母なるおめぐみ」は、安心・安全の100%無添加で母乳育児と産後の女性に欠かせない栄養がたっぷり詰まっているのでおすすめです。

いかがでしたでしょうか。母乳の出は個人差があり、また上記のようなことで改善していく手だてもあります。参考になれば幸いです。

 

母乳の出るマッサージのやり方!

 

出産して、赤ちゃんに母乳を飲ませ、母乳で育てていきたいと考えるお母さんがほとんどですが、肝心の母乳がなかなか出ないという経験をする人もまた多く、どうにかして母乳を出そうと努力することになっていきます。

母乳は妊娠などによって、脳の中で母乳を作れという信号が出されることで出るようになります。

妊娠中から出てくるという人も中にはいますが、多くの人は出産するまでは出てきません。

出産すると母乳が出る理由として、それまで胎盤から母乳が出ないようホルモンを出していたものの、それが止まったことで出るようになるというのがあります。

母乳が出てくる準備段階の間では、女性ホルモンが分泌され、乳腺が発達を始めます。この乳腺を発達させる女性ホルモンは胎盤から分泌される女性ホルモンと同じで、エストロゲンと言います。

出産し、胎盤が排出され、それまで出ていたエストロゲンもなくなることでいよいよ母乳が分泌されます。

ここで赤ちゃんがおっぱいをくわえることでその刺激で母乳を作るというサインが脳に行き、本格的に作られていきます。

最初のうちは初乳と呼ばれる、とても濃いものが分泌されますが、栄養分が詰まっているため、それだけで十分です。その後、プロラクチンという女性ホルモンが増加し、それが母乳の生成に寄与します。

ここで生成された母乳は赤ちゃんの吸引力で吸い出されるのですが、当然ながらそれだけでは弱く、オキシトシンというホルモンで押し出すことになり、吸えば吸うほど分泌量が増えていきます。これらが一連の流れです。

母乳が出ない要因としては、血行不良やストレス、偏食、水分不足、貧血、乳管の詰まり、疲労などがあります。

そのため、母乳が出ない、足らないという場合にはまずこれらのことを検討し、改善をしていくことが大事で、特にストレスは育児などでたまりやすく、そうするとオキシトシンが減少することになってしまいます。

ストレスを解消してあげるとまた再び出るようになるため、まずは実行するということが大切です。

この中でマッサージで解決することができるのは乳管の詰まりです。乳管の詰まりは母乳を頻繁に与えなかったことで詰まってしまったり、おっぱいの咥え方が悪かったり、服装の問題、おっぱいへの外傷などで発生します。

おっぱいにたまった状態になると固まりやすくなり、これを放置してると乳腺炎になってしまいます。そのため、まずは外に出すことが求められます。

そのための方法として母乳が出ないママの育児サポート「ミルニック」を飲んでから乳頭に対するマッサージをすることです。

赤ちゃんにとって咥えやすい乳頭であれば、咥え方の悪さを改善することにつながります。中には咥えにくい乳頭というのも存在するため、咥えやすい状態にするのがこのマッサージの特徴です。

咥えにくいものとしては扁平乳頭、陥没乳頭などです。このマッサージを始める前にはオイルなどで滑りをよくしてから始めることが大切です。構え方としては片方の手でおっぱいを守りながら、マッサージを行う側の手の親指や人差し指、中指で乳首をつまむことになります。

ここで行うのが圧迫法と呼ばれる方法で、通常は3秒、乳首に硬さがある場合には10秒弱、少しずつ圧力をかけていき、圧迫をしていきます。

痛みを感じるほどの圧力をかける必要はありません。最初のうちは乳頭部分を圧迫し、位置などを変えながら1分程度続けていくこととなります。

硬い人などは丹念に数分程度行っていくことが求められます。そのあと、横方向、縦方向と、ティッシュでこよりを作るような感覚でもみずらすことをしていきます。最初のうちはゆっくり行い、痛みを感じない程度にやさしくやっていきます。

硬い人などは刺激に少し耐えられない場合もあるため、それに慣れるところから始めるといいでしょう。

これによって乳管が開通するようになり、ドロドロとしたものが出てくるようになり、それから再び母乳がいつも通り出てくることになります。

次に母乳が出ないママの育児サポート「ミルニック」を飲んでから乳房のマッサージをしましょう。このマッサージでは母乳の分泌を促進させるために行われるマッサージです。

やり方としては、右手の手のひら、指で左のおっぱいをつかみます。この際、ボールをつかむように指を広げた形で行うのが大切です。

そして左手で横に向かっておっぱいを押し出すことを3回繰り返します。これを交互に行うことでマッサージが完了します。おっぱいが大きい場合には横ではなく、斜め上に押し上げる感覚で、もしくは上に押し上げるようにマッサージをすることが求められます。

注意点としては、強く力を入れすぎると乳腺が傷ついてしまうという点です。

それらが乳腺炎になってしまう恐れもあります。また、こうしたマッサージは助産師が指導するケースが多く、何らかの異常を感じた場合には助産師や産婦人科医に相談を仰ぐことが必要です。

まずは無理のない形でこうしたマッサージを行い、母乳が出るように努力を重ねていくことが大切で、自分の体をいたわりながら行うことをおすすめします。