夜中に起きるのは母乳が足りない理由だけではない!

 

赤ちゃんがうまれると、お母さんは様々な悩みを持ちますが、その中でも母乳に関する悩みは特に多く聞かれる問題です。

赤ちゃんはうまれたばかりの頃は大変だけれども、3ヶ月を乗り越えれば楽になるという話を聞くことも多く、3ヶ月を目指して頑張るお母さんも多いですが、実際のところ、赤ちゃんがいくつになっても悩みは尽きず、いつまでも大変だと感じるお母さんは大勢いるのです。

月齢の近い赤ちゃんを持つお母さんと話をした時に、まわりのお母さんたちから、夜中の授乳時間がだいぶあいてきた、朝まで一度も起きずに寝るようになったという話を聞き、自分の赤ちゃんが夜中に何度も目を覚ますのは一体どうしてなんだろうと、疑問を持ったり不安を感じているお母さんもいるでしょう。

自分の赤ちゃんが夜中に頻繁に起きてしまう時に、お母さんが一番最初に考えることは、夜中の母乳が足りないのではないかということではないでしょうか。そんな時は母乳の分泌を増やすことのできるあずき茶「母なるおめぐみ」を飲んでみましょう。

確かに母乳ではなく粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、粉ミルクは腹持ちが良いこともあり、朝までぐっすり寝るという赤ちゃんも多いでしょう。

粉ミルクは夜中でもお母さん以外の人が与えることもできるので、自分の赤ちゃんにも粉ミルクを与えようと思っても、哺乳瓶を嫌がったり、粉ミルクの味を嫌がってしまう赤ちゃんも大勢います。

このような赤ちゃんに無理に粉ミルクを与えることはできないので、そのためにはまず、母乳を与える時間の間隔を工夫するようにしましょう。

赤ちゃんは月齢が進むごとに授乳間隔があいてきます。授乳間隔があいてもよい月齢になっても、ちょこちょことおっぱいを欲しがり、少し飲んで満足しているような場合には、一度の授乳で十分な量を飲んでいない可能性が高いといえます。

一度にしっかりと飲んでいないことですぐにお腹がすいて泣き、お母さんも泣いてほしがるからと、すぐにおっぱいをあげてしまうことも多いでしょう。一度の授乳でしっかりと飲んでいないので、またすぐにお腹がすいておっぱいを欲しがるという悪循環に陥っているのです。

この場合は、泣いたからと言ってすぐに授乳するのではなく、おもちゃや絵本などで一緒に遊んでみたり、あやしたり、外出して外の空気を吸わせて気分転換をさせたりと、赤ちゃんの気をそらせてみるようにしましょう。

おなかがすいて泣いているのではなく、泣くことが習慣になっているといういことも考えられるのです。

私たちのような大人であっても、なんらかの理由によって夜中に目を覚ますことはあります。その理由は様々で、トイレにいきたくなった、のどが渇いた、暑くて寝苦しい、寒いなど多くのことが考えられます。

これは赤ちゃんにも言えることで、毎日同じ生活リズムを送り、毎日同じ時間に寝かしつけを行っていたとしても、すぐに寝付く時もあれば、なかなか寝付けない時もあるのです。

オムツが汚れていることは赤ちゃんにとって不快なことであり、暑すぎても寒すぎても、なかなか眠ることはできないでしょう。

また寝ている時に、隣の部屋からテレビの音がきこえてきたり、明かりが漏れている場合なども、赤ちゃんにとっては快適な眠りを妨げてしまうことになるのです。赤ちゃんが心地よく眠れる環境がきちんと整っているかどうかも、しっかりと確認するようにしましょう。

いつも以上に夜中に頻繁に起きると思ったら、風邪のひき始めであったり翌日熱を出すなど、体調がすぐれないことのサインとなっている場合もあるのです。

そして、今まではよく寝ていたのに、最近になって急に夜中に頻繁に起きるようになったという場合には、夜泣きが始まっている場合もあります。

夜泣きは個人差が大きく、その時期も生後5ヶ月ごろに始まってすぐにおさまる子もいれば、2歳ぐらいまで断続的に続くという子も見られるのです。

お母さんにとって夜泣きは、まるで終わりがないように感じるほどつらいものですが、これは成長の過程でもあり、いつか必ず終わりがくるものです。一般的には卒乳をすると、夜泣きもおさまるということが多いため、夜泣きが続くことが卒乳のタイミングであると考えておくのもよいでしょう。

近年では母乳育児をサポートしてくれる飲料「母なるおめぐみ」を飲み、赤ちゃんが欲しがるまで母乳を与え、赤ちゃんが自分から母乳を飲まなくなり、自然と離れていくのを待つという卒乳の考えも多くなってきています。

しかし卒乳するまでは、朝までしっかりと眠れないかと思うと、早く卒乳してほしいと思うお母さんも多いでしょう。

このような場合には、夜間だけ卒乳するという方法もあります。夜間だけ卒乳する際のポイントとしては、赤ちゃんにしっかりと伝えることが大切になります。今までは泣いたら母乳をもらうことができていたのに、急にもらえなくなったら、赤ちゃんも理由がわからずに泣き続けることでしょう。

夜寝る前に、次に飲むのは朝だということを伝えたり、夜はおっぱいは終わりにするということを伝えると良いでしょう。

そしてお母さんの意志も大切です。夜間の断乳を決めた場合には、夜泣いたとしても簡単に授乳はしてはいけません。夜泣いて起きても、抱っこをしたり、お茶を飲ませるなどして、授乳の習慣を変えていくと、スムーズにやめられる場合も多くみられます。