母乳がよく出るようになる小豆茶やサプリのすすめ

 

新生児が生まれたお母さんにとって赤ちゃんへの一番のお仕事は母乳を与えることですよね。

しかしその授乳作業において、満足いく授乳が出来ていなかったり赤ちゃんが泣いてしまうなんてことは多々ありますが、お母さんにとっては焦りや不安の要素となってしまう一つだと思います。

こういった場合は赤ちゃんへの授乳時の母乳不足が考えられます。今回は母乳不足となる要因や、母乳を増やす解決策をご紹介します。

まず母乳不足かどうかを判断するためには赤ちゃんの体重を確認しましょう。

赤ちゃんの体重が授乳前と授乳後で変化をしていないと授乳が十分に行われていない場合があります。長期的な目で見る必要がありますが、体重をきちんと管理しておきましょう。

他にも、おしっこやうんちをする回数が少なかったり、授乳の感覚が短かったり、時間を十分設けてもなかなかおっぱいを離さず吸い続けようとしているのは母乳が足りていないサインとなっていることもあります。

赤ちゃんの体重は1日に20から30g、一か月になると1日に30g、2か月くらいになると1か月で1kg前後増え始めるので、この基準から外れていたら母乳不足を疑いましょう。

授乳中は産後のホルモンバランスが乱れることもあり、母乳が出ないということで自信を無くしたりストレスを感じてしまうお母さん方も多いと思います。

しかし、お母さんと赤ちゃんのお互いが授乳に対して慣れがないだけであるので、焦ることなく対処しましょう。

母乳不足になる原因は、先天的なものでなく後天的なものが影響しています。お母さんによっては出にくい体質ということもありますが、これは改善可能なので焦らないで大丈夫です。

また、もともと母乳が出やすかった人でもストレスや食べ物が影響して、母乳量が減ってしまうことや糖分や脂肪分が多いお菓子を食べることで血がドロドロになり詰まってしまうこともあります。

母乳が減る要因としては授乳回数の減少、ミルクとのバランスの悪さ、母体の水分不足、食生活の乱れ、寝不足などの不規則な生活、ストレスや冷え等があります。

これらを踏まえて改善策をまとめます。

1つは授乳回数を増やすこと、赤ちゃんが乳首を吸って刺激を与えることで母体の母乳量は変化します。赤ちゃんが乳首を吸えば吸うほど、母乳が作られるため、母乳が少ないと思ったら授乳回数を増やして刺激を与える回数をふやします。

2つ目は食生活を見直すことです。授乳時は特に野菜中心の和食にするなどバランスのとれた食事をすることで赤ちゃんに栄養を与えましょう。

揚げ物や乳製品の高カロリーな食材は乳腺を詰まらせてしまうため注意が必要です。栄養価が高く体を温める作用のあるお味噌汁などは非常におすすめですよ。

3つ目は水分をたくさん摂取することです。水分不足で母乳が出にくくなることも多々あります。母体の血液はそのまま授乳量に影響してきますので、意識をして水分を多めにとることを心がけましょう。

しかし、冷たい飲み物は母体を冷やしてしまうためあまりいい影響がありません。温かい飲み物を摂取することを心がけましょう。milnic(ミルニック)というサプリがおすすめです。

母乳の質・栄養サポートに最も良いと言われる西洋たんぽぽをメインにラズベリーリーフ、フェンネルと3大成分贅沢に配合した母乳サプリで、ホットミルクやスープなどに混ぜても美味しくいただけます。

4つ目は生活習慣を整えることです。睡眠不足やストレスは赤ちゃんが夜泣きをする時期は絶えないものだと思います。しかしそれでイライラしている生活では赤ちゃんにも母体にもよくないので、お父さんや両親の力も借りてリラックスできる時間や睡眠時間を確保することを大切にしましょう。

授乳以外のお世話はお父さんにお願いして、睡眠時間を確保するのも有効です。

5つ目は体を温めることが必要です。血行が悪いと母乳の分泌も滞ってしまいます。体を冷やさないように薄着をしない、冷たいものを飲まない食べないなど徹底することが大切です。

たまには一人でゆっくりお風呂に浸かるのもおすすめです。お父さんに頼んでお風呂にゆっくり浸かる時間も作ってもらいましょう。また時間がないときは足湯なんかもおすすめです。入浴剤やアロマを用いてリラックスできる空間を作りましょう。

6つ目は小豆茶を飲むことです。小豆茶には母乳がよく出るように作用してくれる効果があります。

体を温める、母乳の出が良くなる、乳腺が詰まりやすくなくなる、体温を上げる、むくみを解消する、便秘を予防するなど母体にとっても赤ちゃんへの授乳によっても良い効果がたくさん得られます。

母乳育児をサポートしてくれる飲料「母なるおめぐみ」は、安心・安全の100%無添加で母乳育児と産後の女性に欠かせない栄養がたっぷり詰まっているのでおすすめです。

いかがでしたでしょうか。母乳の出は個人差があり、また上記のようなことで改善していく手だてもあります。参考になれば幸いです。