母乳の出るマッサージのやり方!

 

出産して、赤ちゃんに母乳を飲ませ、母乳で育てていきたいと考えるお母さんがほとんどですが、肝心の母乳がなかなか出ないという経験をする人もまた多く、どうにかして母乳を出そうと努力することになっていきます。

母乳は妊娠などによって、脳の中で母乳を作れという信号が出されることで出るようになります。

妊娠中から出てくるという人も中にはいますが、多くの人は出産するまでは出てきません。

出産すると母乳が出る理由として、それまで胎盤から母乳が出ないようホルモンを出していたものの、それが止まったことで出るようになるというのがあります。

母乳が出てくる準備段階の間では、女性ホルモンが分泌され、乳腺が発達を始めます。この乳腺を発達させる女性ホルモンは胎盤から分泌される女性ホルモンと同じで、エストロゲンと言います。

出産し、胎盤が排出され、それまで出ていたエストロゲンもなくなることでいよいよ母乳が分泌されます。

ここで赤ちゃんがおっぱいをくわえることでその刺激で母乳を作るというサインが脳に行き、本格的に作られていきます。

最初のうちは初乳と呼ばれる、とても濃いものが分泌されますが、栄養分が詰まっているため、それだけで十分です。その後、プロラクチンという女性ホルモンが増加し、それが母乳の生成に寄与します。

ここで生成された母乳は赤ちゃんの吸引力で吸い出されるのですが、当然ながらそれだけでは弱く、オキシトシンというホルモンで押し出すことになり、吸えば吸うほど分泌量が増えていきます。これらが一連の流れです。

母乳が出ない要因としては、血行不良やストレス、偏食、水分不足、貧血、乳管の詰まり、疲労などがあります。

そのため、母乳が出ない、足らないという場合にはまずこれらのことを検討し、改善をしていくことが大事で、特にストレスは育児などでたまりやすく、そうするとオキシトシンが減少することになってしまいます。

ストレスを解消してあげるとまた再び出るようになるため、まずは実行するということが大切です。

この中でマッサージで解決することができるのは乳管の詰まりです。乳管の詰まりは母乳を頻繁に与えなかったことで詰まってしまったり、おっぱいの咥え方が悪かったり、服装の問題、おっぱいへの外傷などで発生します。

おっぱいにたまった状態になると固まりやすくなり、これを放置してると乳腺炎になってしまいます。そのため、まずは外に出すことが求められます。

そのための方法として母乳が出ないママの育児サポート「ミルニック」を飲んでから乳頭に対するマッサージをすることです。

赤ちゃんにとって咥えやすい乳頭であれば、咥え方の悪さを改善することにつながります。中には咥えにくい乳頭というのも存在するため、咥えやすい状態にするのがこのマッサージの特徴です。

咥えにくいものとしては扁平乳頭、陥没乳頭などです。このマッサージを始める前にはオイルなどで滑りをよくしてから始めることが大切です。構え方としては片方の手でおっぱいを守りながら、マッサージを行う側の手の親指や人差し指、中指で乳首をつまむことになります。

ここで行うのが圧迫法と呼ばれる方法で、通常は3秒、乳首に硬さがある場合には10秒弱、少しずつ圧力をかけていき、圧迫をしていきます。

痛みを感じるほどの圧力をかける必要はありません。最初のうちは乳頭部分を圧迫し、位置などを変えながら1分程度続けていくこととなります。

硬い人などは丹念に数分程度行っていくことが求められます。そのあと、横方向、縦方向と、ティッシュでこよりを作るような感覚でもみずらすことをしていきます。最初のうちはゆっくり行い、痛みを感じない程度にやさしくやっていきます。

硬い人などは刺激に少し耐えられない場合もあるため、それに慣れるところから始めるといいでしょう。

これによって乳管が開通するようになり、ドロドロとしたものが出てくるようになり、それから再び母乳がいつも通り出てくることになります。

次に母乳が出ないママの育児サポート「ミルニック」を飲んでから乳房のマッサージをしましょう。このマッサージでは母乳の分泌を促進させるために行われるマッサージです。

やり方としては、右手の手のひら、指で左のおっぱいをつかみます。この際、ボールをつかむように指を広げた形で行うのが大切です。

そして左手で横に向かっておっぱいを押し出すことを3回繰り返します。これを交互に行うことでマッサージが完了します。おっぱいが大きい場合には横ではなく、斜め上に押し上げる感覚で、もしくは上に押し上げるようにマッサージをすることが求められます。

注意点としては、強く力を入れすぎると乳腺が傷ついてしまうという点です。

それらが乳腺炎になってしまう恐れもあります。また、こうしたマッサージは助産師が指導するケースが多く、何らかの異常を感じた場合には助産師や産婦人科医に相談を仰ぐことが必要です。

まずは無理のない形でこうしたマッサージを行い、母乳が出るように努力を重ねていくことが大切で、自分の体をいたわりながら行うことをおすすめします。